モバイル回線を利用してウェザー・データの収集を可能にしたVantage Connect日本発売開始!!
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
体育の日
農業ワールド出展の為発送が遅れる場合があります
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
文化の日
勤労感謝の日
 
 
 
 
 
 
  VantageConnect_Top.jpg

  

Vantage Connect(ヴァンテージ・コネクト)とは何でしょうか?
ウェザーステーション・レシーバーとセルラー・モデムから構成され、ソーラー・パワーで駆動し、バックアップ・バッテリーも装備
外部電源は不要で、耐候性のシェルターに格納されていて、屋外に安心して設置できる設計になっているIP装置です。
Vantage Connect(ヴァンテージ・コネクト)は、携帯受信可能範囲であれば離れた場所からでもデービス社ウェザーステーションVantage Pro2の気象データを受信可能です。(現在のところ6622JPはVantage VUEには対応しておりません)
ソーラーパネルを備えた充電式バッテリーで駆動され、最高150メートル離れたセンサー・スイートからデータを受信し
デービス社のグローバルなウェザー・ネットワーク、WeatherLink.comのあなたのページに携帯電話網を通じてデータを送ります。
WeatherLinkネットワークへはコンピュータまたはスマートフォンからデータにアクセスすることが出来、ダウンロードも可能です。
コンピュータへのデータのダウンロードはウェザーリンク・ソフトウェアを用いて行い、更なる分析が可能です。

Vantage Connectは、あなたの環境を管理して危険を減らしてよりスマートな決定をする助けになるでしょう。
気象状況をチェックするために仕事場や休暇先の離れた場所にもう1組の目と耳があったらと思ったことはありませんか?
デービス社のVantage Connectはその解決策になります。
Vantage Connectはあなたが家やオフィスを出ることなく、携帯受信可能などんな遠くの場所からでも気象データを収集でき
複数のウェザーステーションから気象データを集めるため、ウェザーステーション・レシーバーと携帯モデム機能を統合しました。

 
  img-vantage connect usage.jpg
  
 



















 
それではVantage Connectはどのように動作するのでしょうか。
Vantage Connectは携帯電話網を利用して気象データをクラウドにアップロードしますので、
携帯電話網を使用するためのサービス・プランを契約する必要があります。
Vantage Connectのサービス・プランは5分、15分、30分の3種類のインターバルから選べます。
選んだプランに従ってWeatherLink.comに携帯電話網を使って接続し、データを自動アップロードします。
WeatherLink.comにはあなたの安全なページが用意されており、そちらにデータを格納します。
気象データはワイヤレス統合センサー・スイート(ISS)やリーフ&ソイル・モイスチャー温度ステーションなどの
ワイヤレス・ステーションから受信することも出来ます。
更なる分析のためにあなたのPCにデータをダウンロードしてください。
また危険な状態が迫っていることを察知するためにアラーム状況の設定も可能です。
 
Vantage Connectは使用する国に応じたバージョンがありますので、日本国内で使用するためには
商品番号の最後にJPの記号のついたものを使用しなければなりません。現在は6622JPが国内発売されています。
これはそれぞれの国の携帯電話網で使用される電波の周波数と型式、受信範囲によりますので、ご注意ください。

cold place photo VP2
 






















Vantage Connectは厳しい環境下の北欧でも確実な動作実績を持っています。
フィンランドのデービス社リセラー、イルッカ・リリャから次のような報告がされています。
──中部フィンランドではクリスマス以降極寒の時期になります。日々の温度は−20℃から−30℃になり、
実際のところ北部のラップランドよりも寒いくらいでした。しかしVantage Connectは順調に動作しています!
それらのパフォーマンスは素晴らしかった!!
ところで今日私たちは準業務用クライアントからデービス社製でないウェザーステーションが寒さ続きで動作しなくなり
それをデービスVantage Pro2に換えたがっている、という電話を4本受けました。
from イルッカ・リリャ、デービス・インターナショナル・リセラー、ユヴァスキュラ、フィンランド

同梱物と要件
Vantage Connectレシーバー&セルラー・モデム
ヘビー・デューティー・バックアップ・バッテリー付シェルター
WeatherLinkソフトウェア(英語版)
WeatherLink.comへのアカウント開設用ID(Davis社へ申請後アカウントが取得できます)
マウント用金具
外部センサー取付用ジャック

必要条件
最低1台の送信ステーション(Vantage Pro2、またはVantage Pro2 ISS、個別センサー、8台まで接続可能)
Vantage Connectサービス・プランと初期設定費用
WeatherLinkソフトウェアはWindows XP以上のOSが動作するWindows PCが必要です。
iPhone、Android、タブレット・コンパチブル
コンソール表示器は必要ではありません

尚、Vantage Connectを使用するには携帯電話網を
使用するための年間プランの契約が必要です。
またデータをアップロードするアカウントの開設のため
初期設定費用が4,000円(税別)かかります。
年間プランについて詳しくはこちら


Vantage Connect(ヴァンテージ・コネクト)  
\145,800(税込)
6622JP 
 

この商品のお求めは

             
  •  
    Vantage Connect  



















     
    davis_logo
当社はデービス・インストゥルメンツ社の日本総代理店です。

ページトップへ