デービス社気象観測機器の新製品情報をいち早くお届けします
2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
定休日のため発送はありません
2017年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 
 
 
 
 
   店長紹介
 
Davis Weather Summit 2017 top

2017年1月17日から20日まで、サンフランシスコでデービス・インストゥルメンツ社主催の
International Weather Summit 2017が開催されました。
このWeather Summitはデービス社が隔年で開催している全世界のリセラー向けの
製品説明会ですが、当社からも同サミットに参加してきましたので、
気になる新製品情報で公開できる部分をレポートしたいと思います。

Vantage Pro2 with New Aero Coneまず会場を訪れた参加者を驚かせたのはウェザーステーション
Vantage Pro2のレインコーン部分が"Aero Cone(エアロ・
コーン)"と呼ばれる新しい形状になっていたことでした。
会場に設置されていたVantage Pro2のデモ機には既に
この新しい形状のコーンが取付けられており、ロート状の
斬新な形になっていました。スタッフの説明でも
「次回出荷からこの新しいレイン・コーンを
採用したモデルになる」とのことでした。
モデル名に変更はなく、Vantage Pro2のままだと
いうことです。プロダクト・ナンバーもケーブル式
Vantage Pro2が#6152C、ワイヤレス式Vantage Pro2が
#6152、ワイヤレス式Vantage Pro2プラスが#6162など
従来のプロダクト・ナンバーでレイン・コーンのみ変更と
なります。レイン・コレクター・ベースは従来と変更が
ありませんので、従来機との互換性も保たれています。

この新しいレイン・コーンは従来型のレイン・コーンが
強風の際に雨が舞い上がり、レイン・コレクター部への
雨の収集量が減ってしまう点を改善したという事です。
そして内部の転倒マスについても改良が加えられているとの
ことで、こちらは未だ試作段階のようですが、今年の
夏までには新しい転倒マスを搭載したVantage Pro2が
お目見えするようです。

このようにデービス社では製品の改良を日々続けており、
測定精度の向上のための研究が続けられています。

そしてもう一つ、電源アダプターについてはUSBパワー・コード・タイプのものに変更されることがアナウンスされています。

International Weather Summitには世界各国から参加者が訪れた
↑Weather Summitには欧州、アジア、中南米、アフリカなど世界各国から多くのリセラーが訪れていました。

そして今回のSummitの目玉となる新製品は農業用途向けの大規模な環境データ収集システムEnviroMonitorでした。こちらに
ついては機会を改め、詳しくお知らせしたいと思いますが、一言でいうと、Vantage Connectと同様の携帯電話網を利用した
データアップローダと様々なセンサー類を接続できるNodeを複数組み合わせて圃場の環境データを収集するシステムです。
発売時期等は未定ですが、アメリカでは数々の農業向けソリューションを発売しているデービス社が、かなり力を入れて
取り組んでいる製品ですので、ご期待ください。既に日本向けモデルも準備されているようで、あとは日本の電波法上の
技術基準適合認証申請を行い、認証番号が取れれば国内でも発売が可能になるものと思われます。
EnviroMonitorのGatewayとNode
↑会場に展示されていたEnviroMonitorのGatewayとNode
 
  davis_logo
当社はデービス・インストゥルメンツ社の日本総代理店です。

ページトップへ